April 27, 2019

映画




こんにちは。

今日は寒くて曇ってて、

テンション上がらない、空の色が嫌いな天気です。。



さて、


先日、

ずっと観たかった【鑑定士と顔のない依頼人】を観ました。





ーあらすじー


物語の始まりは、ある鑑定依頼。

引き受けたのは、天才的鑑定眼をもち、

世界中の美術品を仕切る一流オークショニア、ヴァージル・オールドマン。


それは、資産家の両親が亡くなり、

屋敷に遺された絵画や家具を査定してほしいという若い女性からの、

ごくありふれた依頼のはずだった。


ところが──


依頼人は嘘の口実を重ねて決して姿を現さない。



ヴァージルは不審を抱きながらも、断ることが出来ない。

なぜならその屋敷の床に、もしそれが本物なら歴史的発見となる、

ある美術品の“一部”が転がっていたのだ。




ヴァージルは密かに持ち帰った“一部”を調べると共に、

依頼人の身辺を探るのだが、

屋敷を訪れるたびに新たな謎と立ち向かうことになる。



果たして奇妙な鑑定依頼の本当の目的とは──?


IMG_5168

IMG_5169


ネタバレしたくないので特に書けないのですが、

概ね楽しめた感じです。



簡単に言えば、

進んでいくごとにワクワクドキドキ、って感じです。


さあ、次は何を観ようかな。









http://store.tripleaceclub.com/
http://www.tripleaceclub.com/
COPYLIGHT(C)2019 TripleAceClub ALL RIGHT RESERVED.


rockdogg5963 at 14:11│TripleAceClub | UNQUIK